身体の不調

高麗人参のマメ知識

高麗人参と言えば、多くの方が真っ先に連想されるのが「漢方薬」である事に対し、異論は無いかと思われます。
中国では今を遡る事数千年前から、高麗人参の漢方薬が多くの人達に愛用され、健康維持に大きな役割を果たし続けていました。

高麗人参は別名「朝鮮人参「オタネニンジン」などと称される事もあります。
但し私達が日常「にんじん」と称し食卓に並ぶ食材とは、植物学的に全くの別物です。

ちなみに中国ではその数々の優れた効能を「人参七効説」と称しており、この漢字五文字からだけでも、私達の身体にプラスとなる効果に富んだ食材である事が伝わって来ます。
高麗人参はウコン科の植物で、私達が「実の部分」的に認識しているのは、実は「根っ子」の部分です。
土の中で生育した高麗人参の根っ子の部分に、先述の「人参七効説」と古来中国で称された、数々の効能をもたらす成分が詰まっているのです。

この優れた健康食品が日本に渡来した時期に関しては、奈良時代との説が有力です。
当初は医療薬的存在として重宝されていましたが、栽培が非常に困難な現実から、その取引額は非常に高額となり、大変貴重な存在であった事も伝えられています。
高麗人参が健全に生育する土壌を整える作業自体が大変で、通常3年程度を費やし、先ずは「土壌を作る」作業を完了せねばなりません。
しかも化学肥料を用いてしまうと、結果高麗人参を枯らしてしまう為、有機肥料でじっくりと土壌を肥やして行かねばならず、実際に収穫出来るのは早くて4年目以降となります。

最も貴重とされる高麗人参は6年物で、別名「6年根」と称され、含有する有効成分が最も豊富な時期とされています。
この時期を境にピークを越え、外注対策などがより一層現実問題となる為、7年目以降の栽培は更に困難を極めてしまう、大変繊細な植物です。
また高麗人参を栽培した土壌では、その後長期間に渡り、他の植物の栽培は不可能であり、これは高麗ニンジンが土壌内の全ての栄養分を吸い尽くしてしまうのがその理由です。
数々の効能の裏には、このような興味深い事実が潜んでいるのです。

MENU
Copyright(C)健康的な体の維持に欠かせない植物